☆ Bijouterie Marie-Agnes ☆

〜ビジュトゥリー・マリ・アニエス〜

Bijouterie(ビジュトゥリー)とはフランス語で「宝石店」
オリジナルのビーズアクセサリーを中心に、キラキラしたキレイなものをご紹介するサイトです♪
<< 久々に新作発表★ | main | 母校っていいな >>
目の保養♪
 先日、神戸六甲アイランドにある「神戸ファッション美術館」なるところに行ってまいりました。少し前に、シティリビングで小さな記事を見つけてから一度行きたいなぁと思っていて。

 10月11日(あ、今日だ…)まで、「ウェディングドレスの世界」という特別展をやっているので、ドレスや衣裳に興味津々な私としては、見ておかない訳にはいかない!ということで。。。

 いやはや、すごーく良い勉強になりましたよー(^^)v
 特別展は残念ながら「それほどでも、、、」って感じだったんだけど、常設展の方がめちゃ面白かった。
 ファッションに関する情報を、色や素材、デザインといったテーマ別に展示してあって、なんとドレスの型紙&作り方の説明書まで窓口に頼めば販売してくれるという太っ腹。コットンでできたドレスのモデル(模型)を白手袋をはめて触ることもできるんです。
 ひとりでじっくり眺めながら心の中で「すげー…」を連発していました(^^;

 特に、中世の頃のドレスから現代のスーツに至るまでの洋服の変遷を、フランスやイギリスの本物を展示して見せてくれるコーナーが秀逸。フランス革命前夜のゴージャスなドレスやコルセット、イギリスの乗馬用ドレスなど、私にとっては何時間眺めていても飽きないだろう代物ばかり。

 こんな身近に、こんなに楽しい美術館があったなんて!と感動しきり。
 それに、神戸という土地柄か美術館の周りには外国人の姿も多く、港町のゆったりした雰囲気も味わえて、このところ時間に追われまくって余裕の無かった心に、一服の清涼剤を与えてもらったような気がしました。

 ただ、近いとはいえやっぱり六甲アイランドは不便かなぁ…。
 美術館の上に、雑誌や文献、テキスタイルの資料やビジュアル資料の蔵書が山積みされているライブラリーが併設されていて、衣裳やアクセサリーのデザインに色々と参考にしたいものがいっぱいあったんだけど…家から1時間くらいかかるなると、行くのにちょっと躊躇しちゃうんだよなぁ。残念!

 とはいうものの、これからも何かと興味を惹かれる特別展もあるみたいだし、時間を見つけて行ってこようと思ってます。

 
 ちなみに、その数日後、そごう大阪店(心斎橋)のギャラリーで開かれている「マリア・テレジアとマリー・アントワネット展」にも行ってきました。
 
 こちらも、またまた美しいものが山のようにあり、目と気持ちの保養をさせてもらいました。マリー・アントワネットの手形にはびっくりしたけど。意外に小さい手で。昔の人って、現代人よりもかなり小さい体格をしてたんだよね。ということは、きっと顔もすごーく小さかったんだろうなあ。
| Auther : くらこ | バレエ関係 Le ballet | 23:31 | - | - |

↑ pagetop

sun mon tue wed thu fri sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>